高Na血症

total:92187 today:88 yesterday:117

高ナトリウム血症の補正について

0000高ナトリウム血症>145mEq/L (血清Na正常値135~145 mEq/L)
0000 Na>160では死亡率60%以上、150では50%である

高ナトリウム血症における
必要水分欠乏量(㍑) =体重kgx0.6x(実測血清Na/140-1)
これらは安全係数として1/2 ~1/3を掛けた量を一般的に2~3日かけて是正投与するのが原則であるため、水分欠乏量の1/2を最初の24時間で補正し、残りを次の24~72時間で補正する。

ΔNa(Na濃度変化=[(輸液中Na+K)-血清Na]÷(体内総水分量+1) mEq/L
ソリタT1(Na90mEq/L)で補正すると (輸液中Na+K)=90となる。

脱水を補正するためには
正常な水分量は男性は体重の60%、女性は体重の50%である。
体の中のナトリウム量は一定と考えられるから
(現在の水分量×現在のNa濃度)=(正常な水分量×正常なNa濃度)となる。
正常なNa濃度を140とすると、

現在の水分量=(正常な水分量×140/現在のNa濃度) となる。
不足水分量=正常な水分量-現在の水分量・・となり、
正常な水分量-正常な水分量x140/現在のNa濃度から
不足水分量=体重x体液分布率x(1-140/測定時Na)''の計算式が出てくる。

実例
50kgの男性のナトリウムが160mEq/Lとする。
正常な水分量は50×0.6=30㍑である。
現在の水分量=30×140/160=26㍑である。4㍑の水分の不足である。
ソリタT1(Na90mEq/L)で補正するとすると、生理食塩水との差154-90=64が水であり、水の比は64/154である。
必要な輸液量をYとすると4=Y×64/154だから、Y=4×154/64=9.6となり、
9.6Lの輸液が必要である。(48時間で落とすと200ml/時間となる)
脳浮腫を防ぐため、水分の補正は48~72時間かけて非常にゆっくりとする。

※インスリンはブドウ糖と水を細胞内に運ぶ作用を持っているので体液量の減少している時にインスリンを投与によりさらに細胞外液が減少してしまうので体液量の減少がある時は体液量を十分に補ってから、インスリンを投与しなければならない。

細胞外液と細胞内脱水の関係
水分はまず血管から失われるため細胞外液の不足(水分とナトリウム)が必ず見られ、これが進行して慢性的になると細胞内液(水分)が動員され細胞内脱水が顕著になります。

等張輸液=生食、乳酸リンゲル
低張輸液=1~4号液、5%ブドウ糖
5%ブドウ糖浸透圧278mOsm<正常血漿290<生食308

                                                                                                                          
  

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional